20150917_11462.png

6月1日(土)Netshop開店です。

大変申しわけありませんが6月も1日のみの開店となります。

6月のお菓子の発送・お受け取りは7日(金)を予定しています。

ヘルシーでザクザクのサブレ・グリュー、甘酸っぱいロゼ・ペール等、雨の季節でも美味しく感じるお菓子が8種類揃います。

今月のコンフィチュールは趣向を変え旬のビワのコンポートを選びました。やさしい甘さでシロップごとヨーグルトにのせるのがおすすめです。

どうぞお楽しみください。

1日朝8時にShopをクリックしてご覧ください。

皆様のご注文をお待ちしています。

 


5月のNetshopは1日のみ開店となります。

連休真ん中の5月1日、朝8時にOPENです。

見てくださる方がいるのかしらー。

5月はひかりフラワーさんのバラ園の関係で1日のみの開店となります。

お菓子の発送・お受け取りは9日を予定しております。

 

今月はばらの季節ならではのばらのお菓子や新作のケックをお楽しみください。

ここでは新作ケック2種をご紹介。

まずはくるみ味噌。

これは美味しい!と自画自賛のきめ細かいケック。

自家製味噌が発酵バターと本当によく合い驚きの美味しさになりました。

こちらも新作。フランボワーズ。

プレーン生地とフランボワーズ生地をマーブルにしたケック。焼き上がりにキルシュ入りシロップを打ちしっとり柔らかい仕上がりです。

1日朝8時です。

shopボタンをクリックしてどうぞご覧ください。


チーズケーキ色々。

今月のお菓子教室はなめらかチーズケーキ。

NYチーズケーキをアレンジしてベイクドとレアの中間の極なめらかな食感を作ります。

 

チーズケーキを教えてくださいというリクエストはとても多くいただくのですが簡単なのとベイクドタイプに関しては次の日にならないと食べられないこともありあまり登場しない・・・と思っていたのですが今調べ物があって過去の写真を繰っていたら結構お教室のメニューにも登場していました。

私が好きなのはヨーロッパのチーズケーキ。

濃厚一辺倒なNYタイプも美味しいのですがもう少し工夫のしがいのあるものが好きです。

まずはウィーン風チーズケーキ。

チーズケーキ部分とボトムを時間差をつけて焼くのでさくさく、しっとり。生クリームともよく合う品の良い甘さ。

ドイツのチーズケーキ、ケーゼクーヘン。

ドイツの人はとてもチーズケーキ好きだそう。

どっしりとしたクラストとチーズフィリングのバランスの良さ、質実剛健なドイツらしい味わい。

これはお気に入り。イタリアの修道院のレシピで作ったイタリア風。

上下の香ばしいクッキー生地と中のクリーミーなチーズケーキのコントラストがおいしい。

こちらもイタリア生まれ。数種類のナッツのクロッカンがたっぷりのるフロマジュリー。

イタリアのおいしいチーズケーキはティラミスだけではないのです。

これらはほんの一部。

なんだかんだと言いながらたくさん作っていました。

私自身はすごく好きなお菓子というわけではないのですがチーズケーキの世界もこれもまた奥深い世界。

これからも迷いつつ色々作っていくのだろうと思います。

 

 

 

 

 


オーダーケーキ

今月もいろいろなオーダーケーキを作っています。

チョコレートが大好きな男の子のバースデーケーキ。

お見せできないのが残念ですがカットすると14段!のしましま模様が現れます。

今年はこんな絵柄のクッキーのご注文でした。

早いなあ。もう春から小学1年生ですか。


なんだかみんなあっという間に大きくなっちゃうんだな。

もっとゆっくり大きくなって〜。

 

こちらは小さなウエディングケーキ風苺のショートケーキ。

お友達主催のお祝いパーティのためのケーキです。

大きいので長く持ち歩くのは大変ですが高さがあるケーキよりは少し楽かもしれません。

特注サイズは箱から準備が必要です。

絞りの口金でかなり雰囲気が変わります。季節によって果物も変わります。

お祝いに赤は良いですね。

 

いろいろなおめでとう!の気持ちがお菓子で伝わると良いな。

そして3月は別れの季節でもあり。

職場へのお世話になりましたのお菓子もご注文を頂いています。

贈る方の気持ちを美味しいお菓子に変えて届けたい。だから小さなお菓子でも精一杯美味しく。

そう思って毎日お菓子を作っています。

 

 


バースデーケーキ

最近ご注文をいただいたお誕生日ケーキ選。

撮りたい気持ちはあっても写真は余裕がある時だけになってしまいます。

皆さまご注文をありがとうございました。

 

毎年ご注文いただくお客様は濃い味の例年と趣向を変え今年は「シトロン」

パイの中に入った甘酸っぱいレモンクリームは由比の有機レモンで作りました。

こちらも毎年ご注文をいただくお客様の「タルト・ヴァンショー」

これをバースデーケーキに選ぶとはかなりのお菓子通。

フランスの冬の風物詩、ホットワインでフルーツを煮込むところから始めます。クレーム・フラジパーヌ(パティシェール+アーモンドクイーム)なので外見からは想像できない繊細な味わいが楽しめます。

チョコ好きさんの「ショコラフランボワ」

生チョコクリームとフランボワーズ。柔らかな美味しさです。

苺がお好きと伺ったのですがこのクリームには苺よりもフランボワーズが好相性。

中にはフワンボワーズ、トップの飾りをチョコがけした苺に変更しました。

初孫ちゃんの1歳のバースデーケーキ、「あまおう苺のショートケーキ」

お酒を抜きますねと言ったら主役は食べられないのでたっぷり使ってくださいと言われてしまった。

2種類のブラウニーと白胡麻入りのシュー・クリームはお2人家族の方へお友達からのプレゼントです。

ホールケーキは持て余してしまいそうなのでシューと日持ちする焼き菓子のセットになりました。

ホールにこだわらなければこんなバースデーケーキも喜ばれると思います。

お誕生日おめでとうございます。

素敵な1年になりますように。

 

 

 


| 1/13PAGES | >>

INSTAGRAM


INSTAGRAM始めました

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode